RSS
Admin
Archives

森のはちみつ

その名は、はちみつ。 通称“ハッチ”の成長日記(。・ω・。) ただものではない彼の今後に期待です☆

紹介 (。・ω・。)

ミッフィー☆★

Author:ミッフィー☆★
愛知県在住 28歳 女性です。
消しゴムはんこを販売しています*^^*
趣味はお菓子作りなど手作りのものづくり★
仕事やお出かけや趣味のことも載せています♪
うさぎのかわいさをもっと知ってもらいたい♪
ちょこちょこ更新していきたいです☆

★うさぎ紹介★
<森はちみつ君>通称ハッチ。
2008・10・31誕生
ネザーランドドワーフ/男の子/フォーン
うさぎの森出身
お父さん DEEN君
お母さん LAURAちゃん
現在850g
のほほ~んと穏やかなハッチ。
とても人懐っこい性格です(●^ω^)

・お月さま在住うさぎ
<森あいのすけ君>通称あいちゃん。
ネザーランドドワーフ/男の子/オレンジ
うさぎのおしろ出身
ビビりだけど、キレイ好きで
とってもおりこうさんでした(*^_^*)

お気軽にコメントくださいねo(●´ω`●)o
日付の下のCMをクリックしていただくとできます。
承認してから反映しています。
よろしくお願いいたします(o・ω・o)
何かありましたらeikom84miffy☆yahoo.co.jpまで。
(☆を@に変えてくださいね^^)

消しゴムはんこのお店
新しい日記 (。・ω・。)
カテゴリ (o・ω・o)
うさ友さん&お気に入り (。・ω・。)
検索できるよ (。・ω・。)
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.06
17
お久しぶりです(○^ω^○)


先日、おばあちゃんが亡くなりました。
それから一週間はてんてこまいの日々だったので、ブログ更新できませんでした。
昨日初七日を迎え一区切りつきましたので、今日からまたブログ再開したいと思います。

ハッチとは関係ないですが、今回はおばあちゃんのことを紹介したいと思います。
おばあちゃんは、壮絶な人生でした。
小学校4年生の時にお母さんを病気で亡くし、中学の時にお兄さんを戦争で亡くします。
16歳でお見合い結婚して17歳で母親になります。農業でせっせと働きました。
30代の頃今度はお姉さんとお父さんを亡くします。
62歳の時、くも膜下出血で倒れその手術で脳梗塞も患い、寝たきりに。
それから14年・・・76歳でこの世を去りました。

この14年間だんだんと病状はわるくなっていきました。
ずっと家で看病してきましたが、ここ3年位は病院に入院してました。
話すことも意思を伝えることも寝がえりをすることもできなかったおばあちゃん。
喜怒哀楽も泣くことでしかできませんでした。
この14年、何を考えてたのかな。
あたしの成長を見てくれてたかな。

おばあちゃんが倒れた時、あたしは小学校5年生でした。
元気な時よりも病気の時の方が長いし、小さかったのであまり記憶がありませんが、消極的な人でした。
一緒にオセロをしたこと、作ってくれるみかんゼリーがおいしかったこと、、記憶がないながらに思い出すといろんなことがあったなと思います。
友達を家に誘いたくても泣き声が嫌で誘えなかったこと。
おむつ替えをめんどくさいなと思ってしまったこと。
受験勉強の時うるさいなと思ってしまったこと。
全部申し訳ないと思います。

おじいちゃんは、いつもどうでもいいことでおばあちゃんとケンカしてました。
でも、倒れてから14年間ずーっとずーーっと熱心に看病してました。
入院してからもほぼ毎日お見舞いに行っていました。
返事が出来ないおばあちゃんに毎日話しかけ続けました。
ありがとうとごめんねなんて聞いたことがない頑固なおじいちゃん。
そんな性格なのに、おばあちゃんが亡くなった時、最高の嫁だったと言って泣きました。
おばあちゃんが家に帰ってきた時、ほとんど寝ず、ずっと傍から離れませんでした。

ずっと苦しんでたおばあちゃんだけど、最後は眠るように亡くなりました。
亡くなってものすごく寂しいけど、もう苦しまなくてすむから少しほっとしてるのもあります。
壮絶な人生だったけど、おじいちゃんと結婚してほんとよかったね。幸せだったね。
おばあちゃんにできなかった孝行をおじいちゃんにしていきたいな、って思ってます。



明日からは、元通りハッチの成長ブログにします(○^ω^○)
長々読んでいただいてありがとうございます。

Comment

非公開コメント

ご冥福をお祈りします。

長らくの看病大変でしたね。
この14年、きっと感謝の気持ちでいてくれたんじゃないかしら・・・。

私の祖母は、くも膜下出血が原因で76歳で亡くなりました。
私が高2の時でした。発病後10日ほどで意識が戻らないまま他界しました。ずっとICUに入っていたので、自宅看病はなかったですが・・・。
ちょうど私の高校修学旅行の時期で、旅行期間中を小康状態で待っていてくれて様なものでした。
私はおばあちゃん子で育ったのに、その恩返しをまだまだしたかったし、花嫁姿も見て欲しかったなぁと思いました。
自宅で倒れたとき、実は私の名前を呼んでいたらしいです。
気づいてあげられず、意識のないまま(会話も出来ないまま)お別れになったので、何かしてあげたかった気持ちから、ナースになったんです。
おばあちゃんにしてあげられなかった分を・・・と始めた仕事ですが、性に合っていたようで20年以上も職としています。

ご冥福をお祈りいたします。

どんな言葉が適切かわからないですが、
ミッフィーさんて私なんかより、ずっと精神的に大人で素敵な女性だなって。
心の柔らかさを感じました。
でね、ミッフィーさんが、思春期に感じてた様々な感情。
それって、すごくフツーのことで、「申し訳ない」って書いてあるけど、
おばあ様は、全部わかったくれてたと思いますよ。

ミッフィーさんはじめ、ご家族の皆様、
どうぞお疲れでませんように。 ご自愛くださいませ。

うさママみほくんさんへ

お返事ありがとうございます。

76歳の同じ年齢でおばあちゃんを亡くされたんですね。
それも同じ病名。。
倒れた時、みほさんの名前を呼んでいたんですね。とてもおばあちゃんはかわいがっていらしたんだと思います。
旅行から帰ってきたみほさんに会えたことに安心して、亡くなっていったのかもしれませんね。
何もできないまま祈ることしかできないのもツライですよね。
でもそんな思いからナースになられて、ほんとにほんとにすばらしいと思います。
きっとおばあちゃんもそんな姿に喜んでいることと思います。
十分おばあちゃん孝行していると思います。尊敬します。

あたしもおばあちゃんと果たせなかった約束があります。
後悔もたくさんあります。
でも、いつまでもあばちゃんの思い出話しをしたり、おじいちゃんを大切にしたり、毎日を一生懸命生きたり・・・そんなことが一番の供養なんじゃんないかなと思っています。

おばあちゃんのことお話し下さり、本当にありがとうございました。

ちゃいさんへ

お返事ありがとうございます。

あたしの気持ち、おばあちゃんはわかってくれてましたかね。
そう言っていただけるとありがたく思います。
今思うと、そう思ったことも、看病をもっとしてあげれば良かったなということも、申し訳ないなと思ってしまいます。亡くなってから気付いても遅かったですね。
でも、その分おばあちゃんに教わったこの後悔を、おじいちゃんや両親に孝行していきたいなって思いました。

一番心配してたおじいちゃんは、今のところ元気です。おばあちゃんとは正反対で社交的な性格で、楽るい人なので大丈夫そうです。
天国で幸せに暮らせるように・・・って毎日お経を読んでいます。
親戚の方も毎日来てくれます。
今回のお葬式で、家族や親戚のありがたさを改めて感じました。

想い出に変わるまで・・・

14年間、言葉にしてしまうと簡単ですが、とてもとても長い年月、その間、闘病生活を送られたおばあちゃまはもちろんですが、ご家族みなさんでの看病の日々は、言葉につくせぬご苦労があったこととお察しします。

おばあちゃまは、倒れられてから、何度も何度も、どうしてこうなってまで生きていかなくてはならないのだろうと、嘆かれたのでしょうね。
でも、おばあちゃまにはまだまだこの世でしなくてはならないことがあったから、ご家族と供にあられたのだと、ミッフィーさんの文章を拝見していて、そう思いました。

ミッフィーさんと、ブログでお話していて、まだお知り合いになってからそんなに経たないのに、書かれる文章に、強さと優しさと暖かさを感じ、惹かれていました。
今日、こうしておばあちゃまのお話を改めてお聞きし、その強さや優しさや暖かさは、おばあちゃまという存在があって、培われたものだったのだと、おばあちゃまの教えゆえだったのだと、そんな風に納得し、きっと、おばあちゃまがご家族にそれを残すためのお役目を今まで担ってられたのだろうと感じました。

安らかな最後だったとのこと、それをお聞きして、おばあちゃまはやっと楽になられたのだなあ、この世でのお役目から開放されたのだなあ・・・と思いました。

ご家族もミッフィーさんも、今は、いろんなことがあってまだまだ忙しく、気をはりつめてらしゃる時期と思いますが、落ち着かれ、「ああ、もういないんだなあ」と、おばあちゃまのことを日々思い起こす時が来た時に、改めて悲しさが訪れるのことと思います。
いつか、そんな日々も優しい想い出に変わるまで、今しばらく辛いと思いますが、どうか元気を出してくださいね。

おばあちゃまがゆっくり休めますよう、心からお祈りしています。
どうか、お疲れだませんように・・・。

yohさんへ

お返事ありがとうございます。

今頃おばあちゃんは天国で久々に家族に会えてることと思います。
お墓に行っては、ご先祖様にお願いしています。

14年ずっと寝たきりだったおばあちゃん。
最後はほんと見てられないくらいの状態でした。
かわいそすぎて、見てると泣けてくるから病院にあえて行かない時もありました。
もっと懸命に看病してれば・・・なんて今更思っても遅いんですよね。
おばあちゃんは、きっといろいろ思うことがあったと思います。
でも、おばあちゃんにはすごく失礼だけど、家族の距離が縮まった気もするんです。
もともと仲がいい家族ですが、倒れた時、亡くなった時、いつもみんなで励まし合ってきました。
おばあちゃんには、大変だったね。そしてありがとうと言いたいです。

そうですね、家族が心配ですね。
昨日父親がものすごく泣いてました。
告別式でも少しハンカチで拭うくらいで、それも初めて見る涙でしたが、昨日は声に出して子供のようにわんわん泣いてました。喪主だったこともあり、初七日を過ぎてひと段落つき母が亡くなった悲しさや母の苦しみを考えると涙が止まらなかったそうです。父を見てまた家族で泣きました。
親戚の方や近所の方、そしてブログでもみなさんに温かい言葉をかけていただいて、ほんとありがたいです。
あたし達家族はほんとに幸せ者だと思います。

朝起きては、今日も一日見守ってて下さい。夜寝る前は、今日も一日ありがとう。といって仏壇に手を合わすのが、最近の日課になってます。
あたしはそんなに強くも優しくも暖かくもないです。ふつーの子です。
yohさんこそ、優しくてほんとうに素敵な方だなぁと思っています。

そんなふうに思っていただいていて、嬉しいです。ありがとうございます。

またハッチの成長日記、遊び来てください☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。